要治療期間と違反点数

某免許更新センターでの違反者講習の資料から。

責任の軽重違反点数
死亡事故20
13
重症事故 (1)13
9
重症事故 (2)9
6
軽症事故 (1)6
4
軽症事故 (2)3
2
重症事故 (1)
治療期間 3 ヶ月以上又は後遺障害を残すもの
重症事故 (2)
30 日以上 3 ヶ月未満。
軽症事故 (1)
15 日以上 30 日未満
軽症事故 (2)
15 日未満

この場合の治療期間とは、原則的に最初に受診した医療機関で出された診断書に記載された、要治療見込み期間によります。

補足

  • 責任重 : 一方的不注意によるもの
  • 責任軽 : それ以外のもの
  • 複数の負傷者がいる場合は、最も重い診断書の日数。

点数の加算

故意に怪我または死亡させた場合45 点
危険運転致死傷罪45 点
ひき逃げ ( 救護措置義務違反 ) の場合23 点
当逃げ ( 危険防止措置義務違反 ) の場合5 点

処罰の程度

ここからの記述には、不確かなものが含まれます。

危険運転致死傷罪

傷害は 15 年以下の懲役、死亡は 20 年以下の懲役。

業務上過失致死傷害罪の目安

死亡又は 3 ヶ月以上の重傷
一方的な不注意 40 - 50 万の罰金又は懲役
それ以外 20 - 30 万の罰金
3 週間以上 3 ヶ月未満の怪我
一方的な不注意 20 万円前後の罰金
それ以外 10 万円前後の罰金
3 週間未満の怪我
危険な法令違反を伴うもの以外は、処罰を受けないことが多い。

参考

交通違反の基礎知識、人身事故


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-08-24 (土) 17:49:21 (1548d)