ヒポクラテス ( 医学の父 )

骨関節医術の源流

世界各地に、各民族、文化に、それぞれ伝承されていた伝統的な医療の術 ( 医術 ) があり、戦いのあるところには外傷外科の医術が発達した。

数万年前の人骨に骨折が治癒したものや、矢が刺さった痕が残る物が見つかっていて、骨折をはじめ外傷の治療が古来から何らかの形で行われていたと考えられる。それだけでなく、脊椎カリエス、関節結核、関節リウマチを患ったものも見つかっていて、骨関節の外傷や疾患は古代から人類の医術の対象になっていたと思われる。

ヒポクラテス

  • Hippocrates 紀元前 450 年頃から 357 年頃
  • ギリシャの医師。医学の父と呼ばれる。

ヒポクラテスの時代に医療は呪術、魔術と決別し、科学への一歩を踏み出した。骨折、脱臼、先天性股関節脱臼、脊柱変形など、この時代には様々な骨関節疾患が知られていた。医療技術は様々な形で文献に記され、肩関節脱臼の整復法であるヒポクラテス法など、現代に伝わっている。

参考


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-10 (水) 13:43:16 (3359d)