2007 参議院議員選挙

当選

民主党 比例
大島九州男 ( おおしまくすお )
民主党参議院比例区第 37 総支部 総支部長
1961 年生
1980 年 日本大学第二高等学校卒。
1984 年 日本大学法学部政治経済学科卒。
1985 年 九誠を設立し学習塾、テニス教室を開校。
1991 年 直方市議会議員に初当選。その後3期連続当選。
接骨医の確立を目指します。柔道整復師は国民の健康を支えています。 しかし制度上の問題のため治療業務に障害が生じています。 この問題を解決するために整復医療にX線検査の導入 適正傷病名の追加 柔道整復師法 17 条の改正 介護における整復師の活躍の場の確保に取り組みよりよい治療の実現を目指します。

落選

国民新党 比例
上田孝之 ( うえだたかゆき )
国民新党参議院比例区大阪府第 1 支部長
1958 年生
1954 年 日本柔道整復専門学校卒業
2001 年 1 月 厚生労働省保険局医療課療養指導専門官
2003 年 4 月 厚生労働省東海北陸厚生局健康福祉部課長補佐
2004 年 4 月 厚生労働省東海北陸厚生局健康福祉部上席社会保険監査指導官
2006 年 6 月 厚生労働省を退官
日本がいま解決を迫られている最大に深刻な問題は私たちの健康です。どんなに沢山のものに囲まれていても、心身が病んで、そこから立ち上がれなければおしまいです。
私は若いときに人間の身体について柔道整復師としていろいろ研究しました。厚生労働省で働くようになって、健康行政の第一線で現場の体験もしました。そこで私は思ったのです。日本の政治はもっと真剣に国民の健康に取り組まなければならないと。現状のままだけではダメです。そこを思い切って変えなければ世界の進歩からどんどん遅れてしまいます。
元気で安心、健やかで豊かな人生を、お年寄りから子供さんまで、みんなが楽しめるような新しい日本をきちっと設計し、立派に創り上げていくために、上田たかゆきは命がけで頑張ります。
東洋、西洋両医学のすぐれた叡智を結集して国民の健康増進に力を尽くします
医療保険を充実させ誰もが必要な治療をしっかり受けられるようにします
柔道整復師の受領委任払いを守りぬき保険請求に課せられた定額・逓減、負傷原因記載を撤廃させます
鍼灸保険請求の医師の同意を撤廃し医科との併用を認めさせます

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-10 (水) 13:43:17 (3359d)