3 種混合ワクチン

  • 1968 年以降、3 種混合ワクチン ( DPT ワクチン、ジフテリア、百日咳、破傷風 ) の接種が行われるようになった ( 予防接種法による義務接種、接種率はほぼ 100% と考えられる )。
  • 1975 - 1977 年は、ワクチンの副作用が問題となって、全国的に予防接種を受けるお子さんの数が減った ( 接種率 40% 以下 )。
  • 1995 年以後、予防接種法の改正により、義務接種から勧奨接種に変わったため、接種率は低下していると考えられる。

3 種混合ワクチン接種スケジュール

1 期 ( 3 種混合 DPT、基礎免疫 )

初回接種
生後 3 カ月 - 90 カ月の間に、3 - 8 週の間隔で 3 回接種する。
追加接種
初回接種 ( 3 回 ) 終了後、6 カ月以上の間隔をあけて ( 通常は 12 - 18 カ月 )、追加接種を行う。

2 期 ( 2 種混合 DT )

11 - 12 歳の間に ( 標準は小学校 6 年生 )、ジフテリア破傷風混合トキソイド (DT) を接種する。

3 種混合ワクチンの接種を受けているお子さんの場合

  • 小学 6 年生までの間、および小学 6 年生で追加の DT 接種を受けている場合はその後約 10 年間、破傷風に対する基礎免疫能力があると考えられる。
  • 小学 6 年時に追加注射を受けまだ 10 年経っていない人は、1 回トキソイドを注射することでさらに約 10 年間基礎免疫能力があると考えられる。

基礎免疫を獲得していない、または基礎免疫を失った成人の場合

破傷風沈降トキソイド ( Tetanus Toxoid ) を 3 回、一定期間内に接種することで、基礎免疫能力を獲得する。

1 回目
破傷風沈降トキソイド 0.5ml 皮下注または筋注
2 回目
1 回目の接種の 4 - 8 週間後に ( だいたい 1 カ月後に ) 破傷風沈降トキソイド 0.5ml 皮下注または筋注
3 回目
1 回目の接種の 6 - 18 カ月後に ( だいたい 1 年後に ) 破傷風沈降トキソイド 0.5ml 皮下注または筋注

ケガをした場合の対応

けがの状態と破傷風への対処

基礎免疫の有無破傷風を来す危険性の高い創破傷風を来す危険性の低い創
破傷風沈トキソイドTIG破傷風沈降トキソイドTIG
基礎免疫の無いか不完全な人、免疫の不明な人投与投与投与-
基礎免疫のある人最後のトキソイド接種から 5 年以内----
5 - 10 年投与---
10 年以上投与-投与-
破傷風沈降トキソイド
0.5ml を皮下注または筋注
TIG
破傷風抗毒素血清 ( ヒト血清由来抗破傷風ガンマグロブリン、商品名テタノブリンなど )
|通常、250 国際単位筋注 ( 製剤によって筋肉内または静脈内投与 )
|四肢の受傷の場合は、受傷肢側に注射
|トキソイドとは反対の肢に注射

破傷風罹患の危険性から見た創 ( ケガ、キズ ) の分類

けがの状態と破傷風の危険性

創の特徴 ( 様子 )破傷風を来す危険性の
高い創 ( 汚い創 )低い創 ( きれいな創 )
受傷後の時間6 時間を越える6 時間以下
創の性状複雑 ( 剥離、挫滅創、不整な創面など )直線的に切れたもの
深さ ( 創の深達度 )1cm を越える1cm 以下
受傷機転挫滅創、挫創、刺創、熱傷、重症の凍傷、銃創切創、鋭利な物での損傷 ( ナイフ、ガラスなど )
感染の兆候あり ( 局所の発赤、腫張、疼痛 )なし
壊死組織ありなし
異物、汚染あり ( 土、砂、糞便、唾液など )なし
創部の虚血ありなし
神経損傷ありなし
American College of Surgeons による分類から引用

参考


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-30 (日) 21:21:36 (2734d)