*研修医は労働者ー大阪地裁堺支部で初判断ー [#v26edac4]

LEFT:自由法曹団 http://www.jlaf.jp/
LEFT:出典 http://www.jlaf.jp/tsushin/2001/1038.html

***大阪支部 岡崎守延 [#c6a7387e]

LEFT:一 二〇〇一年八月二九日に、大阪地方裁判所堺支部で研修医の身分に関する先例的判決が出ましたので、報告します。

LEFT:二 この事件は、まず「研修医の過労死」として提起されました。

一九九八年三月に関西医大を卒業した森大仁(ひろひと)さんは、一か月の無給の「見学生」(実態は研修医と同じで一日一五時間の「見学」)を経て、六月から研修医として、そのまま関西医大病院に勤務することになりました。

「病気で困っている人を助けたい」という思いを胸に、希望に燃えて医師としての生活をスタートした森さんでしたが、研修医のおかれている実態は想像を絶するものでした。

LEFT:三 森さんの研修医の勤務は、午前七時三〇分の「点滴・採血」から始まって連日午後一一時頃まで続きました。手術の日には、明け方の四時頃迄立会い、そのまま午前七時三〇分から勤務につくという状態でした。昼食も、勤務の合間を縫って取る状況で、ゆっくりと食事できる様な時間は全くありませんでした。

これに「副直」(夜勤)が組み込まれますが、「副直」も当日の勤務を終えてからそのまま泊まり勤務に移行し、翌日はまた午前七時三〇分からの通常勤務に就くというもので、「明け番」などは全くありませんでした。

そして、全く信じられないことですが、これだけ働いて、森さんの一か月の給料はわずか六万円でした。

また、雇用保険も健康保険も、何もない状態でした。

LEFT:四 森さんは、大学まで陸上部で活躍し、体力的にも何の問題もありませんでした。それが、研修が始まってから、見る見る疲れていく様子が、家族にもよく分かりました。

この様な激務の中で、一九九八年八月一七日の朝に、森さんが自宅の居間の電話の前で、前夜に帰宅したままの服装で倒れているのが発見されました。

森さんは既に亡くなっていました。急性心筋梗塞症でした。

研修が始まって僅か二カ月半、二六歳の、余りにも早い死でした。

LEFT:五 両親には、森さんの死因が、病院での働き過ぎ以外には考えられませんでした。

森さんの勤務の実態を尋ねる両親に対し、病院からは「研修のカリキュラムは午後七時で終了し、その後も病院に残っているのは研修医の全くの自由意志」とか、「研修の時間帯にも『自由研修』の時間があり、全く過酷なものではない」などと、およそ紋切り型の説明しか得られませんでした。

両親は、更に、森さんの同窓生や、当時の入院患者からも勤務実態を聞く中で、過労死との確信に至りました。

両親は、森さんの過労死に対する病院の責任を問う為に、損害賠償請求の訴訟を提起しました。病院はこれに対し、「研修医は労働者ではない」などという信じ難い言い分まで出して、争い続けています。この事件は、現在も係属中です。

LEFT:六 両親の追及は、更に続きます。

まず、森さんの給料が月額僅か金六万円と、大阪府の最低賃金にも満たないことから、最低賃金額と金六万円との差額を未払賃金として請求する訴えを新たに提起しました。

続いて、病院が森さんを私学共済に加入させていなかったことから、両親は遺族年金を受給できず、これによる損害賠償の訴えも併せて提起しました。

今回判決のあったのは、この二つの事件です。

実は、森さんのお父さんは社会保険労務士で、これら二つの請求内容は、弁護士の狭い視野では中々出てこない発想と言え、このお父さんあってこその訴訟といえます。

LEFT:七 この両事件でも、病院は同様に「研修医は労働者ではない」という答弁を繰り返しました。

これによって、この両事件の、最大にして殆ど唯一の争点は、研修医の身分、即ち研修医の労働者性に尽きることになりました。

LEFT:八 そして、大阪地裁堺支部は、二〇〇一年八月二九日に、「研修医は労働者である」と明快な判決を下しました。

おそらく、研修医の労働者性を認めた初めての判決と思われます。

LEFT:九 弁護士とすれば、この両事件は過労死の損害賠償請求事件の「前哨戦」という受け止めでしたが、事件の進展の中で、これ自体が極めて重要な意義をもつ事件との認識に至りました。

即ち、本件の森さんに限らず、全国に約一万三〇〇〇人といわれる研修医は、程度の差こそあれ、非常に不十分な勤務条件を強いられています。

特に私立の大学病院に、その矛盾が集中していると思われます。

近時多発している、研修医が関わる医療過誤事件は、この様な研修医の不十分な勤務条件が大きく関わっていると思われます。

LEFT:十 そして、この不十分な勤務条件という問題は、実は研修医のみに止まらず、広く医者一般にも言えることが分かりました。

この訴訟の中で、私は、「無給医」という、名のとおり全く給料を支給されずに働いている医師(他病院のアルバイトと当直で生活費を得ている)が多数存在することも知りました。

国民が良好な医療を受けるには、研修医、医師が治療に専念できる良好な勤務環境が不可欠と言えます。

この事件は、この様なことを、広く世論に訴えかけていると思います。


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS