日本の医療の良さ †

日本の医療は医療機関へのアクセスの良さ、高度な医療と安い医療費、平均寿命の高さと乳児死亡率の低さ、まさに世界がうらやむ高い水準にあります。このことから WHO は日本の医療を世界第 1 位、アメリカの医療を第 37 位と評価しました。

しかし日本政府は世界 37 位のアメリカの医療の真似をしろというのです。アメリカの医療は国民 1 人当たり日本の 2 倍の医療費を使っていますが、政府の考えはアメリカの制度を真似ても、国の金は出さないというのです。4000 万人が保険に入っていないアメリカの医療、民間保険会社が病院や治療を牛耳るアメリカの医療のどこがよいのでしょうか。しかし小泉首相の諮問機関である総合規制改革会議の結論はアメリカの医療の導入なのです。

株式会社の医療への参入を政府は考えています。しかし医療を儲けと結びつけるのは大変危険なことです。会社の社員の生活を考えずに、リストラで儲けを追求する株式会社に、患者の痛みが分かるとは思えません。

日本の医療が世界最高レベルで値段が安いことは、患者さんにとってよいことです。そのいっぽう、医療機関で働く者にとっては、その労働条件は過酷なものです。医療従事者の我慢と努力によって、世界で最高の医療を達成していると自負しています。医療従事者の多くは奉仕の精神を持ちながら医療の世界に入ってきました。ですから劣悪な労働条件でも耐えているのです。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-10 (水) 13:52:52 (3358d)